2013年11月 ▶F/T13 ▶『四谷雑談集』+『四家の怪談』

あの「四谷怪談」の原典を紐解き、街を歩き、想像する二つの演劇体験

自ら「誤意訳」と称する、大胆かつツボを押さえた海外戯曲の演出で、小劇場界に新風を吹き込んだ名コンビ、演出家・中野成樹とドラマトゥルクの長島確(中野成樹+フランケンズ)が、日本の怪談の代名詞「四谷怪談」に初挑戦。鶴屋南北『東海道四谷怪談』の元ネタとされる本をもとに、その舞台となった四谷~新宿エリアを巡るガイドツアー『四谷雑談集』(よつやぞうたんしゅう)、その現代版を足立・葛飾エリアで展開する新作民話『四家の怪談』(よつやのかいだん)の2本を上演する。写真、イラスト、建築などさまざまなジャンルの専門家が集う「つくりかたファンク・バンド」を新たに結成、集団創作を経て生み出される2作は、多層的なドラマ体験をもたらしてくれるだろう。

■公演日時:11月9日(土)~11月24日(日)

■開催エリア:四谷エリア〈四谷雑談集〉 北千住・五反野エリア〈四家の怪談〉

■ツアー目安時間:〈雑談〉90~120分 〈四家〉120分~

■Ticket一般前売:¥2,000

http://festival-tokyo.jp/

 

2013年8月▶「おばけ教室」

としまアート夏まつり2013
『おばけ教室』
 日程 8月10日(土)・11日(日)18:00~20:30
 会場 にしすがも創造舎 校舎
 対象 9歳以上おとなまで(8歳以下の方は保護者ご同伴で入場可能)
 料金 子ども・中高生300円 おとな500 円  申込み不要・先着順・順次入場 ※一度の入場は3名まで

「校舎で “劇的” 肝だめし」
 夏の風物詩のひとつ、おばけ屋敷や肝だめし。
 暑い夏を楽しむ思いや工夫から生まれた日本固有の文化を、現代の演出家が独自の視点で解釈し、
 2013年の旧朝日中学校で”劇的”おばけ教室づくりに挑戦します。
 友達や家族と一緒に、演劇的に様変わりした校舎をめぐってみませんか?

 としまアート夏まつり2013▶詳しくはここ

企画・創作:外の刺激+フランケンズ
主催:にしすがも創造舎

2013年7月 ▶Ariake Theatre夏 ▶『スピードの中身』新キャスト

有明教育芸術短期大学
「Ariake Theatre夏」
2013年7月19日(金)18:30/20日(土)14:00

有明教育芸術短期大学ホール
135-0063江東区有明2-9-2/03-5579-6211
一般¥3,000/学生¥2,000(要学生証)〈全席自由〉
お申し込みはこちら

プログラム〈vol.1いまの小劇場演劇のいま〉

1)レクチャー「小劇場演劇の楽しみ方」講師:翻訳家・ドラマトゥルク 長島確(約20分)

2)演劇作品『つながらない点と点、その間に、私たちは生きています』(約40分)
作:芸術教養学科現役生+OB/構成・演出:中野成樹
出演:荒木舞花、君塚恵実、黒田智栄、武山裕香、渡辺可奈子(芸術教養1年)
小俣実優、日下部里歩、長縄莉穂、長谷川恵美、馬場優子、本島愛美(演劇コース2年)
大平舞子、友重舞香、谷口善紀、森みどり(演劇コース卒業生)

3)演劇作品 中野成樹+フランケンズ『スピードの中身(新キャスト)』(約75分)
原作:ブレヒト『了解についてのバーデンでの教育劇』
誤意訳:石神夏希/上演台本:中野成樹、熊谷保宏/演出:中野成樹
出演:村上聡一、福田毅、竹田英司、田中佑弥、洪雄大
野島真理、石橋志保、斎藤淳子、北川麗

新キャスト(カッコ内は旧キャスト)
飛行士  石橋志保(村上聡一)
ライバル 斉藤淳子(田中佑弥)
恋人   竹田英司(斉藤淳子/野島真理)
広報の人 村上聡一(北川麗)
議長   野島真理(石橋志保)
勢いの人 福田 毅(洪雄大)
書く人  田中佑弥(福田毅)
死ぬ人  北川 麗(小泉真希)
進行役  洪 雄大(竹田英司)

2013年6月▶ふじのくに⇄せかい演劇祭2013 ▶『Waiting for Something』

「アジア舞台芸術祭」において韓国の俳優、音楽家と3年がかりで創り上げた作品が静岡で上演されます。

■公演日時 6/15(土)13時30分開演、16(日)12時/16時開演

◎6月15日の終演後に中野成樹(作・演出)と宮城聰によるアーティスト・トークを行います。

上演時間:約50分 日本語・韓国語・英語上演/日本語・韓国語・英語

■会場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

■チケット 一般大人:2,000円/大学生・専門学校生・高校生以下1,000円

詳しくはふじのくに⇄せかい演劇祭2013ホームページをご覧ください。

作・演出:中野成樹

原作:サミュエル・ベケット

出演:チェ・ナラ(ソウル市劇団)      村上聡一(中野成樹+フランケンズ)      石橋志保(中野成樹+フランケンズ)      キム・ソンヒョ(コムンゴ独奏、ソウル市国楽管弦楽団)

字幕翻訳(韓国語):金恵玲  字幕翻訳(英語):新藤敦子

後援:駐日韓国大使館 韓国文化院

初演:アジア舞台芸術祭2011

としまっぷ2012 ▶『Black Point and Long Line』▶監督:紺谷昌充

としまっぷ2012
『Black Point Long Line』(映像作品/パイロット版13分)
監督:紺谷昌充(『フライングキック』『ちょっとした夢のはなし(映画)』)
出演:乱歩通り商店街のみなさま、洪雄大、石橋志保、竹田英司、田中佑弥
撮影:八木正純

▶【あらすじ】
 池袋西口。
 マルイの五差路を西に向かう大通りにその商店街はある。
 その名も、乱歩通り商店街。
 江戸川乱歩の終の住処があった場所だ。
 とある番組収録でタレント・洪雄大(ごうたけひろ)はその地を訪れた。
 だがやがて彼はある違和感を覚えはじめる。
 「この商店街の人々…みな同じ○○が。…もしや乱歩の!」
 昔ながらの商店街を舞台にしたユーモラスなミステリー。

さあ観てみてください!

企画:外の刺激+フランケンズ
製作:あうるすぽっと