小学生にもわかる作品解説『夏の夜の夢』

この作品さくひんは、劇作家げきさっかげき台本だいほん脚本きゃくほんひとのこと)のウィリアム・シェイクスピアがいたおはなしです。シェイクスピアはいまうイギリスのひとです。そのため、もともとは英語えいごかれています。それが翻訳ほんやくされて、日本にほんでは「なつゆめ」もしくは「真夏まなつよるゆめ」というタイトルでまれるようになりました。
シェイクスピアはとても有名ゆうめい劇作家げきさっかです。名前なまえみみにしたことがあるひとおおいのではないでしょうか。ほんになっていますから、いえちかくの図書館としょかんめるかもしれません。もしかしたら、原文げんぶん英語えいご)のほんいているところもあるかもしれません。

*********

このおはなしは、アテネの公爵こうしゃく王様おうさまつぎえらい、貴族きぞくなかもっとたかくらいひとのこと)の結婚式けっこんしき間近まぢかひかえたある夏至げしよる物語ものがたりです。この物語ものがたりには貴族きぞく職人しょくにんたち、そして妖精ようせいたちが登場とうじょうします。もりはいった貴族きぞくたちは、もり妖精ようせいたちがこす不思議ふしぎ出来事できごとり回まわされます。また、職人しょくにんたちは公爵こうしゃく結婚式けっこんしきげき披露ひろうするため、偶然ぐうぜんにもそのもりあつまり練習れんしゅうをすることにしました。当然とうぜん職人しょくにんたちも妖精ようせいたちの魔法まほうまれてしまうのですが…

*********

もりでのある一夜ひとよ、その時間じかんはまるでゆめのような不思議ふしぎ時間じかんでした。タイトルの「ゆめ」はこのことをすのでしょうか。作中さくちゅうでは実際じっさいおここったこととしてえがかれていますが、もしかしたらこのお話自体はなしじたいだれかがゆめだったのかもしれないし、そんなゆめのような時間じかんゆめゆめのおはなしだったのかもしれません。

「小学生にもわかる作品解説『夏の夜の夢』」
(★★☆2.5 予習復習に是非ご活用ください)by スタッフ 久木野実玖

一般社団法人なかふら/中野成樹+フランケンズ

TWITTER

© 2012 Shigeki Nakano+frankens All rights reserved. 
[contact:info@frankens.net]